認定講師規則

konel認定講師規則

 
第1章 総則
 
第1条 (名称) 
1 konelは、konelが保有するイラストパン®に関する技法・知識を、konelが定める基準に基づき、普及・教授等に関する事業を適正に実施するため、konel 認定講師制度(以下「認定講師制度」)を設けます。
2 前項の認定を受けた個人を「konelイラストパン認定講師」(以下「認定講師」)と称し、konelが認める範囲内において講師業務、スクール事業を実施するものとします。なお、認定講師であっても、konelが実施するイラストパン®認定講座を実施することはできず、前項の認定はkonelにのみその実施権限があることを、認定講師は予め了承するものとします。
 
第2条 (目的)
この規則は、konelが設置・運営する認定講師制度について定めたものであり、すべての認定講師とkonelとの間に適応されるものとします。
 
第3条 (名称等)
1 認定講師は、konelが定める範囲内で認定講師の名称を使用することができます。
また、konelが定める範囲内でkonel所定の認定証、ロゼットその他を使用してkonelの認定講師であることを表明し、または表示することができます。なお、konelから提供されたレシピを使用するときは、当該レシピ記載のkonelの名称ををそのまま改変することなく明記して使用するものとします。また、製作したパンの名称についても同様とします。
2 認定講師がその資格を有しなくなった場合は、直ちに名称等の使用を中止し、使用していた広告・表示等から削除しなければならないものとします。  
3 認定講師が本条項の名称等の使用について疑義がある場合は、konelに申し出るものとし、その是非の判断をkonelに委ねるものとします。なお、その場合、認定講師はkonelが当該名称等の使用を承認するまで、当該名称等を使用してはならないものとします。  
4 konelは必要があると認めるときはいつでも、認定講師に対して、宣伝・広告、受講案内等の資料の提出を求めることができ、認定講師はその求めに応じるものとします。  
 
第2章 認定等
 
第4条(認定講師の申請資格)
認定講師の認定を受けようとする者(以下「申請者」)は、次の各号の申請資格要件をすべて満たし、認定後も継続するものします。
①konel所定の認定講座修了者であること。
②前各号の講座その他にかかる費用、および本認定申請に必要な費用を正しく納め、かつkonel所定の認定講師登録届その他の必要書類を不備なく提出していること。
③konelの目的・理念に賛同し、本認定を受けるに相応しい品位と社会的信用があること。
 
第5条(認定内容の変更)
認定講師は、認定の申請事項の内容に変更が生じた場合には、当該変更内容についてkonelに通知するものとします。なお、当該変更通知は、変更が生じた後1ヶ月以内に行うものとします。
 
第6条(有効期間)
1 認定講師の有効期間は、認定の日から効力を生じ認定講師としての資格を喪失した日までとします。
2 認定時の認定料は返還されないものとします。なお、認定証の再発行、ロゼットの再製作は、別途10,000円の再発行手数料が発生するものとします。
 
第7条(認定講師の義務)
1 認定講師は、本規則およびkonelの定める規程その他諸規則(以下「規則等」)を遵守するものとします。
2 認定講師は、自己の責任において、規則等に基づき、誠実かつ適正に各々の事業を実施し運営するものとします。
3 konelは、konelおよび認定講師制度を適正に運営し、またkonelおよび認定講師制度に対する社会的信用を維持するため、必要と認めるときはいつでも、認定講師に対し助言・指示を行うことができるものとします。
4 認定講師は、前項の助言に対しては真摯に受け止め、指示に対しては迅速かつ誠実に従い、対応するものとします。
5 認定講師は、その運営を行うに際して、受講者らの権利を害するおそれのある事由等の、konel又は認定講師制度の運営の継続に支障をきたすおそれのある事由が生じた場合は、遅滞なくkonelに報告しなければならないものとします。
6     認定講師は、テレビや雑誌等の取材などの依頼があった際は konel に報告し、 konel と協議の上当該依頼への対応を決定するものとします。
7     konelから提供されたレシピ(認定講座レシピを含みます)を、自身の講座で使用する際は、当該レシピの漏洩、二次的利用を未然に防ぐ為の諸方策を自己の責任において講じるものとします。なお、製作方法、製作過程をSNS等に公開され、又は第三者に漏洩されないよう特に留意するものとします。
8     認定講師は、受講者らおよび当該認定講師の関係者からのクレームに対して、自己の責任において、迅速かつ誠実に対応し、また紛争が生じた場合は、自己の責任において適正に解決するものとします。
 
第8条(禁止事項)
1 本規則において、次に該当する行為を認定講師が遵守すべき禁止事項と定めます。なお、認定講師が本条項に反した行為を行った場合、konelは、直ちに当該認定講師の認定を取り消し、損害の発生が発覚した場合、その損害の賠償を請求することができるものとします。本条項は、認定講師がその認定を喪失した後もなお有効に存続するものとします。
①konelの財産(知的財産を含む)、プライバシーを侵害し、又は侵害するおそれのある行為
②『konel』、『イラストパン』、その他konelが認定講師にその使用を指定する名称については、無断で当該指定の範囲を逸脱した使用を行う行為(商業利用か否かを問いません)、また同様の手法で製作したパンであるにもかかわらず、『イラストパン』以外の名称で公表、公開または発信等する行為
③konelが提供するノウハウ、技術・手法、サービスその他(本講座に関係するものを含みますが、これらに限らず、以下併せて「ノウハウ等」)と類似するサービス等を無断で使用、販売、提供等する行為
④konelで得たノウハウ、知識、技術・手法を無断で改変、又は販売し、もしくは自身が開発したものであるかのように利用する行為
⑤konelの承諾を得ることなく、konelから提供された、教材、書籍、ビデオその他の情報、文章データ等の印刷、複製、模造、配布、転載、SNSへのアップロード等を行う行為
⑥konel又はkonel関係者(受講者を含みます)を誹謗中傷し、名誉を傷つけるような行為、又はkonelへの虚偽の報告その他背信行為
⑦認定講師制度を利用してのネットワークビジネスや宗教団体等その他団体への勧誘行為
⑧認定講師制度を利用してのkonelが認める商品やサービス以外の販売、提供、あるいはそれらの宣伝行為
⑨法令に違反し、又は違反するおそれのある行為
⑩その他前各号に準ずる行為
2 konel代表著「イラストパン レシピBOOK」(以下「書籍」)記載のレシピを使用する際には、著作権法遵守のため、書籍をコピー、カット、配布して使用してはならないもとのとします。なお、認定講師は、書籍をテキストとして生徒1名につき1冊購入してもらい、使用するものとします。
3 製作したイラストパンは、konelが別途認めた場合を除き、販売してはならないものとします。また、生徒に対しても、これを遵守させるものとします。
 
第9条(認定の取消し)
1 認定講師が、その認定を取り消したい場合はkonel所定の届出用紙に次の事項を記載の上、取り消しをする1ヶ月前までにkonel代表宛に提出するものとします。
 ①認定講師の名称および所在地
 ②取り消し希望日
 ③取り消しの理由
 ④現在対応中もしくは受講中の受講者がいる場合は、その対応方法
2 前項の場合のほか、認定講師が次の事項に該当する場合、konelは、認定講師の権利を停止し、認定の取り消しをすることができるものとします。 
 ①本規則、その他konelの定める諸規則に違反した場合。
 ②偽りその他不正の手段により各種申請を行った場合。
 ③konelの運営を故意に妨害する等、その秩序を乱し、又はkonelの名誉、信用を著しく失墜させた場合。
 ④認定講師制度を利用して、konelの目的に反した活動を行った場合。
 ⑤差押、仮差押もしくは仮処分の命令、通知が発送され、または滞納処分を受けた場合。
 ⑥正当な理由なくkonelの指導に従わない場合。
 ⑦その他konelが取り消すべきと判断した場合。
3 前2項の認定講師の認定取り消しは、konelが認定講師に対し、当該取り消しの旨メールにて通知を発信した時点をもってその効力を生じるものとし、当該日をもって、認定講師としての権利を喪失するものとします。
4 本条における資格の取り消しに至った認定講師は、資格失効後すみやかに、認定証、ロゼット、テキスト、レシピ等konelが指定する貸与物その他を返却するものとします。
 
第3章 損害賠償
 
第10条(損害賠償)
認定講師の責に帰すべき事由により、本規則に定めた内容が守られず、konelが損害を受けた場合は、konelは被った損害の賠償を認定講師に請求できるものとする。
 
第4章 秘密情報等
 
第11条(秘密情報等)
本規則に関連する、秘密情報、個人情報および知的財産権の取扱いについての定めは、イラストパン®認定講座 受講規約第8条(秘密情報等)、第9条(秘密情報等の開示、漏洩、目的外使用の禁止)および第10条(知的財産権の取扱い)の定めに準じるものとします。なお、当条項および前条は、認定講師がその資格を喪失した後も効力を有するものとします。
 
第5章 改正その他
 
第12条(規則の改正)
1  本規則は、konelが必要と認めるとき、konelのHP上への掲載その他の方法により、改正することができるものとします。
2 前項の場合、改正後の規則は、当該掲載その他の方法により、konelが認定講師へ通知した時点から効力を生ずるものとします。
 
第13条(免責)
konelは、konelの故意又は重大な過失から生ずるものを除き、認定講師のいかなる損害やトラブル、不利益についても一切責任を負わないものとします。
 
第14条(合意管轄)
本規則に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
 
附則  本規則は、平成30年3月1日より施行する。